1ヶ月


あれから1ヶ月が経った。

カレンダーを見ると1ヶ月が経ったって思うんだけど
昨日の事の様な・・・・     ずっと昔の事の様な・・・・
ちょっと分からなくなってしまう。
時間は不思議だね。


色々な想いがいくつもある。
指で数えれば片手では足りないくらい。



先日 会ったお友達が「マーちゃんは幸せだったね! 一匹で可愛がられて
メーちゃんが来てツインになって、 さんちゃんが来て大きな子と仲良く3匹で暮らせて
色んな事をいっぱい味わえたじゃない?!」
って言って頂いた。

折った指の一つが消えたような気がして 楽になれた。
だんだんその数が少なくなっていくのかな?
私が受け入れていこうとしてるのかな?

最初に折る親指の想いだけになるといいな。
「大好きだよ」





それからマコの命日を覚えてくれていた友人からお花を頂いた。


どうも自分から マーにお花を買うって事が出来なくて
中々 お花屋さんにいけずにいたので 本当に有り難いです。

頂いたお花はオレンジ色をしていて マーの色だった。
マーが我が家に来た時も9月中旬で黄花コスモスが咲いていた。

亡くなった時に写真を整理していたら 突然ひょんな場所からコスモス畑の前で
私に抱かれて撮った写真が出てきた。 一面オレンジ色のキバナコスモス。

あの頃はまだメルシーも居なくって マーを主人と二人で何処にでも連れて歩いた。
雨の中、雪渓を見に山登りもしたっけ。 
主人が背負うリュックの中で顔だけ出して 登山している方々から驚かれたっけ。

今も咲いているね、黄花コスモス。





9月初旬 ソファで転寝をしていたら 足元からマーがソファに上ってきて
私の足の間でゴロンと横になったと思ったら こんな事してくれた。
マーの匂いがしてくる。 足が太くて短くて骨格のしっかりしているマーちゃん。
お散歩にも中々ロングでは行けなかったから 肉球が柔らかくって触っているのがスキだった。

e0013419_1264170.jpg





少しずつだけど メルシーとさんごも変化が出てきた。
メーちゃんはたまに男の子キャラになってる感じがする。
男の子なのに ずっと赤ちゃんみたいに扱ってたから なんとなく頼もしい時がある。
でも、マコの変わりはさせない。

さんごの遊び相手はマコだったから メルシーでは物足りない感じ。
なのでさんちゃんは家の中で静か。
お散歩もいつものコースを歩きたがらないから 色んなコースを探索中。
気に入らないと座り込みして 動かなくて通りすがりの人に笑われてる。
我が強くなってきたのかな?  どうなんだろ。

その二人を連れて日曜日は k9ゲームに参加してきた。
本当に久しぶりで楽しかった。 ミニマコちゃんも同行してもらったの。

またその話は後ほど。





「HANABI」

by YURARA_YURAYURA | 2009-10-20 01:48
<< クリンちゃん、クゥーちゃん&レオ君 やっと晴れた。 >>