縮まらない距離

さんごとメルシーを連れて夕方のお散歩に出た。


私は空を見るのが大好きだ。 とくにワンズと一緒に見るのが好き。
この頃の空は昼間でも夕方でも変わらない色をしている。時間さえわからない色をしている。
公園を通ったら子供たちがいっぱい遊んでいた。子供たちの声が変わらない色の空に
向かって響いていた。 6時の鐘はもう近いよ。


さてさて、さんごとメルシーは空なんて見るわけもなし。
例のごとく クンクンクンクンしたを向いて歩いている。 向上心の無いヤツ。

お散歩の途中であーたん家のはなちゃんに会いに行った。

はなちゃんは8歳の女の子。家族のみんなにすご~~~~く可愛がられて育ったんだよ。
はなちゃんはね、自分のことを人間だって思っているの。
あーたんもはなちゃんのこと、犬だって思ったことないの。
はなちゃんが自分の姿をみたら立ち上がれないって私はおもうんだ。

とってもお利口であーたんのお話がなんでもわかるんだよ。
お父さんの帰りをあーたんの背中におんぶされて待っているから、お父さんもはなちゃんに
デレデレ。。。  チーズをあげようとしても食べないよ。あーたんがいいよって言わなくちゃあ
絶対に食べない律儀な仔なんだ。 お姫様にはちょっとばっかり年いってますからぁ~~。
 
そんなはなちゃんだから、さんごとメルシーとの間に縮まらない距離がある。

いつかペロペロさせてね。はなちゃん。  さんごは待ってる。。。。
しつこくしないから 一緒に遊ぼう。    メルシーじゃあ役不足だけど。。。
マコなら大丈夫!! 半分人間だから。。(笑)

あーたん家の人々に遊んでもらって家路に着いた野次・きた・はちべぇーなのでしたぁ。
マコは?っていうとご隠居様なんでゆっくりお留守番です。
e0013419_2234448.jpg
e0013419_22351240.jpg

by YURARA_YURAYURA | 2005-07-13 21:52
<< いつも見ていた、メルモさん。 今日はお疲れ。 >>